服装で冷え性対策!身体を温める着こなし術

洋服を着る時に、ちょっとした事を意識するだけで、体を温める事ができます。何気なく着ているものですが、冷え性の方は洋服にもこだわってみるといいでしょう。

もちろんファッション性のある洋服を着たい!という気持ちも分かりますが、冷え性を治すには機能性も重要だという事を忘れないでください。

体を温める着こなし

首元を温める

首と言うのは頭に血液を送る時に、通過する場所です。頭を支え続けているのは首ですから、常に筋肉が緊張している状態です。血液も滞りやすい場所なので、必ずケアをしてあげる必要があります。

ポイントとしては、首元をしっかりと温めることが出来る衣類を選ぶこと!首までネックがある洋服はとてもいいですが、あまり好きではない人も多いかと思います。そういった場合には、スカーフやマフラーなどで首元をしっかり温めるように心がけましょう。

重ね着をする

重ね着と言うのはかなり保温効果のある着こなしになります。汗を吸水しやすいシャツなどを1枚余計に着る事で体を温める事ができます。インナーやいわゆるババシャツでもいいので、1枚着てください。その上から、長そでを着用するといいでしょう。

ちなみに重ね着をすると着ぶくれするから嫌だ!という人もいます。最近では保温性に優れているのに、かなり薄いデザインのシャツやインナーも販売されています。こういったものを活用して、保温効果をアップさせてみるといいでしょう。

足を温める

足は1番血行が悪くなる場所といっても過言ではありません。ですから足の皮膚は、室温と同じくらいまで下がってしまう事もあります。保温性が高い靴下を履く、タイツを履くといった方法はとても効果的です。

他にも女性であれば冬場に長いブーツを履くのもいいでしょう。保温性が高いブーツは、足をしっかり温めてくれます。しかし、ヒールが高すぎるブーツや、足首やふくらはぎを圧迫してしまう窮屈なブーツは、血行を滞らせるので履かないようにしてください。

ページの先頭へ